京大女子解説:合格力をきたえる、青チャートの効果的な使い方

数学

こんにちは!
京大理系卒のまみです^^

 

 

今日は、

「合格力をきたえる、
 青チャートの効果的な使い方」

について書いていきます。

 

 

数学の参考書の定番といえば、
【青チャート】ですよね!

 

 

私も高校でも、数学の授業で、
青チャートを使っていましたし、

他の高校の友だちに聞いても、
だいたい青チャートを使っていました。

 

 

特に国公立や難関私学を目指す人は、
青チャートを使う人が多いですね。

 

 

でも、実際のところ、

青チャートの使い方まで
しっかりと考えられている人は、
意外にもとても少ないです。

 

 

その理由としては、

参考書・問題集の使い方まで
高校が教えないことが大きいです。

 

 

私の高校でも、先生からは、

「青チャートの〇~△ページまで、
テスト範囲だから勉強しといてね」

と言われて終わりでした(;;)

 

 

そのため、肝心の使い方については、
みんな好き勝手にやってしまうのです。

 

 

なんとなく例題を解いて、
なんとなく練習問題を解いて、
気が向いたらExerciseを解いて・・・・

 

 

そんな感じです。

 

私もずっと、質より量だと思って、
どんどん量をこなしていました。

 

 

でも、だんだんと受験が近づくにつれて、
「使い方をもっと工夫すべきだった・・・」
とすごく後悔したのです。

 

 

青チャートは、ページ数も多いので、
何も工夫せずダラダラと解いていては、
圧倒的に時間が足りません。

 

 

そのため、短い勉強時間でも
合格に必要な力を鍛えられるように、
使い方を工夫しておきたいのです。

 

 

今回、私の京大受験の経験をもとに、
青チャートの効果的な使い方を
解説していきたいと思います。

 

 

もちろん、青チャートだけでなく、
他の参考書でも活かせる内容なので、
ぜひ最後まで読んでみてください!

 

青チャートってどんな特徴がある?

 

青チャートってどんなの?というと、

①問題と解説が、シンプルかつ丁寧
②見やすいレイアウト
③問題量がとにかく多い

という特徴があります。

 

 

まず、

①問題と解説が、シンプルかつ丁寧

ですが、

 

例題は、問題と解答の両方合わせて、
1問1ページにおさまっているので、
解説がとても短くまとまっています。

 

 

解説は短くても、
内容はしっかり書かれているので、
非常にわかりやすいです。

 

 

次に、

②見やすいレイアウト

について、

 

 

各ページに書かれていることは、

「例題→指針→解答→練習問題」

と決まっています。
(総合問題などをのぞいて)

 

 

また、色は赤だけが使われていて、
どのページも同じような見た目です。

 

 

もう一つ、

③問題量がとにかく多い

について。

 

 

青チャートは、
市販の参考書や問題集の中でも、
かなり分厚い方の本になります。

 

 

そのため、全ての問題を解くのに
かなりの時間がかかってしまうので、
解き方に工夫が必要になります。

(この話は後ほど詳しく話します)

 

どんな問題構成になっているの?

 

青チャートの問題構成は、

・例題
・練習問題
・Exercise
・巻末の総合演習

となっています。

 

 

既に青チャートを使っている人は、
ご存知の通りですね♪

 

 

例題と練習問題には、
1~5の5段階で難易度別の
マークも付いています。

 

 

難易度も参考にしながら、
解く問題を選ぶことができます。

 

 

たとえば、
教科書+αの力をつけたい場合は、

難易度1と2を中心に進めながら、
難易度3にもチャレンジする、
みたいな感じですね。

 

 

自分の目標ラインに合わせて、
解く問題を設定していきます。

 

青チャートはいつから使い始めるべき?

 

青チャートを始める時期ですが、
いつから使い始めてもOKです。

 

 

私も、高1の始めから使い始めて、
高3までずっと使っていました。

 

 

例題や練習問題については、
教科書の内容が理解できていれば、
ほとんど解ける問題ので、

あまり難しく感じなくてOKです。

 

 

どうしても数学が苦手な場合や、
青チャートが難しすぎる場合は、
黄チャートを解いてもOKです。

 

 

でも、数学ばかりできないので、
特に難関大学を目指す人は、

いきなり青チャートを使うのが
良いかなと思います。

 

 

黄チャートを全部解いてから
青チャートを解くとなると、
数学ばかり勉強しないといけません。

 

 

ちゃんと他の科目の勉強も必要なので、
それだとマズいです。

 

 

ですので、
青チャートを使いたいなと思ったら、
青チャートから始めていきましょう!

 

青チャートはどんな人が使うの?

青チャートは、
高校生に広く使われていますが、

 

特に、旧帝大など難関国公立大、
難関私立大、医学部を目指す人は、
使う人が多いかなと思います。

 

 

ここで注意してほしいのが、

「すでに難関大の合格レベルの人」
という意味ではなくて、

「難関大学を目指している人」
という意味です。

 

 

つまり、

「今の実力は気にしなくてOK」

ということです。

 

 

「今は難関大レベルじゃないし・・・」
と悲観する必要はありません。

 

 

今後難関大学を目指していきたいなら、
ぜひすぐに使ってみてください。

 

 

ただ、最終的には、過去問など、
青チャート以外の勉強も必要です。

 

 

でも、はじめは青チャートを
しっかりと使いこなすことで、

難関大の入試で必要となってくる
数学力の土台が固まります。

 

 

この1冊で必要な知識は網羅できるので、
迷ったらぜひ手に入れてみてください。

 

青チャートのどの問題を解けば良い?

 

青チャートは非常に分厚いので、
全部を解くのは大変です。

 

私も、全部を使いこなして
いたわけではないです。

 

 

じゃあ、どの問題を解けば良いの?というと、

例題は、必ず全部解きましょう!

 

 

練習問題も解いておいてほしいですが、
全部を絶対!とまではいえません。

 

数学の勉強にあまり時間を使えない場合、
例題だけを進める形でもOKです。

 

 

練習問題については、

明らかに解ける問題は飛ばして、
難しそうな問題だけ解く、

といった工夫をしましょう。

 

 

そして、Exerciseの問題は、
実際の入試問題というのもあり、
練習問題よりも難易度が高いです。

 

 

難関大を目指す人であれば、
解いておきたいところです。

 

 

例題・練習問題レベルを固めた後、
ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

時間的に厳しい場合は、
頻出分野や苦手分野のExersiceを
優先して解いていきましょう。

 

 

そして最後、
総合演習の問題は、本番対策にも使えます。

 

 

ただ、総合演習は、
絶対に解かないといけないわけではないです。

 

 

私は、高校生のとき、
正直、巻末の総合演習については、
ほとんど手を付けられませんでした。

 

 

総合演習は、時間をじっくりかけて
解いていく必要もあるので、
焦りながらまでして解かなくてOKです。

 

 

余裕があれば解く、という
スタンスで良いかなと思います◎

 

例題~練習問題の解き方

 

さっきも書いたように、
例題と練習問題をしっかり解くことが
青チャートでは大事になります。

 

そこでここからは、、
例題&練習問題の解き方を
解説していきます。

 

例題の解き方

 

例題からはいりましょう。

 

 

学校の授業を受けて、
教科書の内容を理解した後、

まずは何も見ないで例題を解きましょう。

 

 

例題は、教科書の知識があれば、
十分解ける問題ばかりです。

 

 

どうしても解けない場合は、

教科書を読み直してみるか、
例題の下にある「指針」を読んでみましょう。

 

 

そうすることで、
教科書の公式を忘れていた場合、

「この公式忘れてしまっていた!
 ちゃんと覚えておこう!」

と新しく気づくこともできます。

 

 

そうすれば、なんとなく解答を読むより、
ずっと記憶に残りやすくなります。

 

 

自力で考えると大きな気づきがあるので、
わからなくても、解答を見る前に、
もう一歩踏ん張ってみてください!

 

 

そして、解法がイメージできたら、
ノートに答えを書いていきましょう!

 

 

例題の解答を読んで理解する

 

そして、例題を解けたら、
解答・解説を読んでいきます。

 

 

ちなみに、教科書を読み直したり、
指針を読んでもわからない場合は、

早めに解答を読んでOK

です。

 

自力で考えることも大事ですが、
この段階で長時間ずっと考えても、
次に進むことができません。

 

 

例題は、解法パターンのストックを
増やすために解いているので、
分からない場合は答えをみましょう。

 

 

そして、解答を見るときは、
単に正解不正解だけではなく、
解き方もチェックしましょう。

 

 

間違えた場合には、
「なぜ今回、解けなかったのか?」
をしっかり考えていきましょう。

・教科書の知識を忘れていたから?
・公式の使い方を間違えていたから?
・問題文を勘違いしていたから?

いろんな気づきがあると思います。

 

 

間違いの原因に気づいたら、
弱点ノートにメモしておきましょう。

 

 

今後の勉強でその弱点を克服できる
ように意識していきましょう。

 

 

そして、

できなかった問題は、
問題集に「✓」をつけておいて、
後日解き直しをしましょう。

 

 

1回で解けた問題については、
基本的に解き直さなくてOKです。

 

 

どうしても復習したい場合は、
解答を頭の中でイメージして、
答えを確認しましょう。

 

 

1回で解けた問題をノートに書くと、
時間がいくらあっても足りませんので、
あまり手間をかけなくてOKです!

 

練習問題の解き方

さきほどもちらっと話しましたが、
練習問題は、必ずしも全部を
解かなくてもOKです。

 

もちろん、例題の復習も兼ねて
全部解くのがベストではあります。

 

 

ただ、それ以上に、

・例題を必ず一周すること
・他の科目の勉強時間を減らさないこと

こちらの方がより大事です。

 

 

例題が難しかった場合や、
例題と形式が違う場合だけ解くなど、
自分なりに工夫していきましょう。

 

答え合わせの流れは、例題と同じですね!

 

青チャートの次は、入試問題へ挑戦

 

青チャートを一通りできれば、
次は入試問題にチャレンジしましょう。

 

 

入試レベルの模試や過去問、
入試問題集などですね。

 

 

早めに入試レベルの問題を解いて、
力試しをすることが大事です。

 

 

また、実際に入試問題を解きながら、
青チャートも復習しましょう。

 

 

青チャートは、基本的な
解法パターンを網羅しているので、

青チャートの知識を使うことで、
解ける入試問題は多いです。

 

 

入試問題の復習として、
青チャートの該当箇所を読み直すと、

「あ!そんな風に使われているんだ」

と気づき、ぐっと理解が深まります。

 

そんな活用の仕方もぜひしてみてください^^

 

最後に:青チャートは、工夫して使うことが大事

 

さいごに、まとめていきますね!

 

青チャートは、

全部を完璧にしようとすると、
圧倒的に時間が足りないので、
工夫して使うことが大事です。

 

高1の最初は、
数IAだけだと思いますが、

高2、高3になるにつれて、
数IIB、数IIIも増えていきます。

 

 

できるだけ早く過去問に入れるように、
早く青チャートを1周する必要があります。

 

 

そのため、

・できる問題を何度も解き直す
・無意味に巻末問題を解きまくる

ということをせず、

 

・すべての例題を完璧にする
・練習問題は、できる限り全部解く
・必要に応じてExserciseを解く

という工夫を入れていきましょう。

 

効率を意識せず、漫然と解いていると、
受験シーズンになって、
私のように焦ってしまうことになります。

 

 

そうならないように、

青チャートを使う場合は、
今回の工夫をあなたなりにアレンジして、
取り入れてみてください^^

 

 

以上、

「合格力をきたえる、
 青チャートの効果的な使い方」

という話題でした~!

The following two tabs change content below.
まみ
京大農学部出身、京都に住む25歳OL。 SNSやブログ、メルマガを通して、効果的な勉強法やモチベーションの上げ方を受験生に配信中。動物が大好き。
タイトルとURLをコピーしました